忍者ブログ

上海小葵花中国語教室

Home > Information お知らせ

Information お知らせ

二十年前。

 日本から遠く3000km離れた雲南省昆明で私は生まれました。幼いころの私は、クマやウサギのぬいぐるみ、バービー人形、鉄腕アトム… 可愛いおもちゃの人形に囲まれて育つごく普通の女の子でした。ある日、お父さんは私に字の練習をしてもらいたくて、小さな黒板を買ってくれました。私は大喜びで、庭の隅にその黒板を立てて小さな教室を作りました。私が先生です。生徒は小さな人形たち。私は毎日毎日学校から帰ると先生に変身。小さな黒板に向かって一画一画ゆっくりと漢字を書きます。“生徒”たちが言葉を覚えて、いつか一緒に遊べるように…

十年前。

 大学二年生になった私はあるきっかけで「日中国交回復三十周年」式典に参加しました。私はそこでたくさんの日本の若者と知り合いました。皆で一緒に歌を歌い、ダンスやゲームをしてとても楽しく過ごしました。ただその当時はお互いの意思を伝えるのはたどたどしい英語だけ、お互いの母国語はちんぷんかんぷんです。その時私は誓ったのです。大学を卒業したら、中国と外国をつなぐ使者として外国の人に中国語を教えよう。そして違う国の人たちと自由にお話しできるようになりたいと。

 時は流れ、二十年前の幼かった私、十年前夢見る大学生であった私は成長し社会の一員として普通の会社員になり、働く毎日を送っていました。けれども、心の中には、かつてあの小さな黒板に一つひとつ漢字を書いたように、外国の人に美しい中国語を教えたいという夢は決して消えていません。1年間の韓国での生活は、私にもっと世界の人たちと接したいという気持ちを強くさせてくれました。生徒の前ではやさしいけれど厳しい先生。授業が終わればいつも明るく前向きなひまわりのような友人でいたいと思いながら…

  2013年、三十歳になりました。私は上海で夢を実現するため、外国語学校を作ろうと決意しました。お互いの文化を理解したいと思う日本人と中国人が集まり、勉強しながら友達になり、文化の壁を乗り越え理解し合えるように。教室にやってくる一人ひとりが楽しく学びながら、皆それぞれが美しい中国語を、美しい日本語を話せますように。それだけを目標として。
                                             2013年夏  张迪

PR

PAGE TOP